タロットセラピーサロンの日々徒然
NEW ENTRY   CATEGORY   CALENDAR   ARCHIVE   PROFILE   MOBILE
COMMENT   LINK   RECOMMEND   TRACKBACK   HOME

 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Category: - - -
2011年2月のメモ
東日本大震災の1カ月前の2011年2月11日。
感じるままに書き留めた私的なメモがあります。
個人的感情が一切介入しない状態の、いわゆるチャネリングによるものです。

その内容は、結果的にはあの震災と原発事故のことだったのだと最近まで思っていましたが、どうもそれだけとは思えない表記があり気になっていました。
それをコピペします。

実際はかなり長文で、具体的な固有名詞が入る部分は省略します。
(途中、家庭に関することも触れているためそこは中略としておきます。)
特に、引っかかっていた部分は太字にしました。

---------------------------------------------

タロットではない視点から。。。

まず既に当たったことは、『九州の山が大きな噴火をする』という予感。
新燃岳のマグマ噴火。

今年は、日本にとって明るいニュースは少ないかも知れない。

大きな船の穂先を面舵一杯シフトする時期。
運命が大きく動く時。

急激な変換。

一時的に混沌とするかも知れない。
けど、すぐに強力なリーダーが立ち上がる。
日本の政局は新たなリーダーの元、全く新しい時代に突入する気がする。

価値観が大きく変わる。
日本は軍隊を持つかも知れない。


(中略)

日本はこの数年で、二十年分の出来事を経験する。
国は大きく変わる。

人々はそれぞれの価値観の元で様々な行動を取る。

海外移住組も出る。

古き良き日本は、完全に消える。
全く違う国に成り果てる。


それを見極める時代に入ってる気がする。

2011年2月11日(金)

---------------------------------------------


この様な類のチャネリングは普段から特別なことではなく、ふとした時にメールに書き留めています。
仕事としてではなく、あくまでも個人的なもので、自分の中をチューニングする目的を含んでいます。

私の場合、これらの内容を感情を一切含まずに一気に書き留めるため、後で読んでみて『?』となる部分が多々あります。

あの震災も何とか乗り越えようとしている筈なのに、
『軍隊を持つかも知れない』
『全く違う国に成り果てる』
これらの意味するところに現実感が湧かないまま四年が経っていました。

でも、それがどういうことなのか、
今、やっと見えて来ました。

天災は防ぎようがありません。
でも、人災や戦災は回避することが出来ます。


Category: リーディングノート comments(0) -
スポンサーサイト
Category: - - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>